So-net無料ブログ作成

1年半ぶりにバセドウ病の治療を再開しました。 [バセドウ病日記]

スポンサーリンク




バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の治療を再開したぞ!

約1年半ぶりに持病のバセドウ病(甲状腺機能亢進症)の治療を再開したよ。

初診の診察の様子や症状などを書いてみようと思いますです。およそ8年の投薬治療も、平成26年の1月末を最後に、先生の移動と共に通院をやめてしまっていた。

それでも、薬が効いていたのもあって、体はほとんど辛くなく、甲状腺を気にするようなこともあまりなかった日々が続いていた。

それが、以前の記事にも書いたけど突如、体の状態が悪くなったんだよね。


症状は、心臓のドキドキ。

つまり動悸っていうやつ。


すごい勢いでバクバクしているんだけど、そのリズムは一定ではなくて、不整脈みたいな感じになっていた。

けっこう苦しいんだよね。

動悸や不整脈って。

夜に激しくなったら寝られなくなるくらいだからね。

経験した人は分かるはず!(笑)


そんな症状が出るようになり、平成27年10月末にバセドウ病(甲状腺機能亢進症)治療を再開しました。


勝手に治療をやめてしまった後ろめたさもあり、先生にまた会うのはちょっと緊張したけど、それ以上に症状が辛いので何とか病院に行くことができた。


怒られるかな?と思っていたけど、そんなことはなく、普通に診てくれたよ。

嬉しかった♪


私は基本、病院の先生っていうのはなんか苦手なんだけど、この先生だけは好きなんだよね。

男の先生なんだけど、決してホモっていうわけではないのであしからず・・・。(笑)


あまり気を使わなくてよくて、口当たりもすごくいいんだよね。

言いたいことをなんでも言えるような感じって言えばいいのかな。

ホント、こういう先生ってあまりいないと思う。


んで、初診になる今回は以下の通り。

  • 胸部のレントゲン
  • 心電図
  • エコー検査
  • 採血


胸部のレントゲンや心電図のときは、私のみすぼらしい上半身裸を先生方に披露してしまったことをここでお詫び申し上げます(笑)



心電図のときの、「ピッ、ピッ・・・」っていう心臓と連動している音が、あまりにも速くて聞いてるだけでもちょっと辛い。


でも、心電図の先生が優しく声をかけてくれるのでそれが嬉しかったよ。

あ、決して嬉しくて舞い上がって心拍数が上がったわけではないからね。(笑)


一通りの検査が終わって、再度先生の診断では、まず心電図を見せてもらったんだけど、かなりヤバいみたい。

心拍数はなんと、「160」!!

思わず私も「え!?」って言ってしまったよ。。。


せいぜい、100くらいかと思っていたんだけど、そんなもんじゃなかった。(汗)


ちなみに「心拍数160」って検索してみたんだけど、そしたらジョギングやマラソンというのが結構出てくる。

っていうことは、私は何もしなくてもマラソンしているようなものなのか・・・。(汗)

そりゃー食っても太らんわけよね。(笑)


それで先生が言うには、どこが本当の値なのか分からないらしい。

心拍数160といっても一定ではないからだね。


採血の結果は、日を改めて聞きに行く予定で、それまでは投薬をすることになった。


処方された薬は、

  • メルカゾール錠5mg
  • テノーミン錠25


の2つ。


メルカゾールは、甲状腺ホルモンの働きが亢進している状態を改善する薬。

テノーミン25は、血圧を下げたり、狭心症や不整脈を改善する薬。


診察の後、採血をしたんだけど、その採血が痛かった。

後でよく見ると、いつも針を刺しているところとは違うところを刺してたぞ。(笑)

大丈夫なのか・・・?



診察と採血、すべてが終わって、会計待ちをしているときが一番体がきつかった。

心臓バクバクで、ひとりフーフー言ってた。(笑)


じっとしてられないから、体を小刻みに動かしていたから、周りの人は「なんぞ?」っていう感じだったんだろうな。



まあまあ、なんとか無事にバセドウ病の治療を再開することができたから、何はともあれ良かったよ。

本格的な治療はこれからだけど、まずは「第一段階クリア」といったところかね。



ちなみに薬を飲んだけど今も心臓はバクバク。

そんな中、この記事を書いてる。(笑)



この記事は、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)と診断されて、私と同じように通院をやめてしまったという人のために書いている。


「私みたいなのもいるっていうこと。」

「治療を再開した方がいいということ。」

この2つを伝えるために書いてる。


また、同じように甲状腺の疾患で治療を頑張っている人にも、「私のようなアフォがいる。」ということが伝えられたらいいですかね。(笑)



とりあえず、心臓バクバクの中、この記事を書いているので、誤字脱字はご考慮くださいね。(笑)

また、治療のことや体調のことなど書いていこうと思います。


それではまた! スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。